体験記一覧(強迫症/確認恐怖)

「確認癖でも夢をはたせた!」(N・Hさん・女性・会社員)

何回も、しつこく確認

私が強迫神経症になったのは、二番目の娘を出産後、頼りにしていた義姉が、くも膜下出血で倒れ、育児ノイローゼになったのがきっかけでした。最初、小児科の先生に聞いたときに不安になり、二度三度と聞きました。次第に何回も聞かないと安心できなくなりました。夜は、確認しないと安心して寝られないので、安心して寝るために確認していたようなものです。
しだいに確認の範囲が広がっていき、スーパーでも、店員に、商品の賞味期限や産地や保存方法など、わかっていても何回も聞きました。実家に行くと遠慮がなくなり、両親に、子育てのことなど何回も聞き、電話で確認したときは、父に「何回も聞くんじゃないっ!」と怒鳴られたこともあります。

なぜとらわれたのか

強迫神経症の根底には、神経質性格で完全主義者だったことがあります。いい加減にできない性格で、子どもを完璧に育てようと思っていました。さらに、私の場合、人一倍依存心が強く、そして母がなんでも聞く人だったので、人に聞くことにあまり抵抗がありませんでした。父には甘やかされ、母は過干渉で、自立心が育ちませんでした。

入会して何が変わったか

発見会に入会して23年たちますが、いまだに人に何回も確認するという症状は治っていません。では「入会したころと、何が変わったか」というと、確認するとき、〝人に迷惑をかけているという自覚がある〟点です。
入会したころ出席した集談会で強迫神経症の話をすると、まず「ガマンしなさい」と言われたものです。そう言われても、私には納得できませんでした。生泉会(生活の発見会のなかでも、さらに強迫神経症で悩む人たちの集まり)に出席し、リーダーのひとり明念さんに、「ガマンしなくてよい。五感を使って(働かせて)確認しなさい」と教わり、本当に救われました。
私にとって「五感を使った確認」のやり方は、とても楽でした。外出するときのドアの戸締りは、「ガチャン」という音を聞けばそれで済みます。今でも寝る前は、玄関の鍵、照明、ガスなど、何回も確認しますが、ガスの元栓は閉めなくなりました。
以前、清里(山梨県北杜市)で行われた生泉会の一泊学習会で、『奇跡のリンゴ』の木村秋則さん出演のビデオを観たことがあります。そのなかで木村さんが「無農薬のリンゴ栽培に成功したのは、土作りだった」と言っていました。そのときに、木村さんにとっての土作りが、私にとっては「生き方」なのだと気がつきました。それまで私は症状を目の敵にして、「治そう、治そう」と闘ってきました。私にとって症状は目の上のたんこぶで、生きていくのに邪魔なものだったのです。「この症状がなければ、なんでもできるのに」と思っていました。
木村さんのビデを観て、強迫神経症が、これまで人に依存してきた私の「生き方」を変えようと、教えていることに気がついたのです。ほんとうは「自分自身が、どう思うか」が大事なのに、それをしないで、まわりの人に「これで間違いないか」と確認していました。そして何回も確認し、相手から嫌われる、そんな生き方をしていました。
今は症状も「自分の一部」と考え、症状を持ちながら生きていこうと思っています。

充実感と幸せ

母には、強迫神経症になったのは育て方が悪かったせいだと、長い間、逆恨みしていました。肩こりがひどくて実家に行くたびに「びわの葉温灸」をしてもらっていたのに、感謝のことば一つ、かけてあげませんでした。申し訳ないことです。今でも亡くなった両親が心の支えです。それに明念さんや、自分を受け入れてくれた生泉会の仲間のおかげで、ここまでやってこられました。「人に確認する」症状を持ちながらでも夢をはたせたし、少しは自分を客観視できるようになってきたので、今は生活に充実感と幸せを感じています。

確認行為、強迫観念の泥沼を抜け出て
(N・Kさん・女性、45歳・団体職員)

私は、高校の終わり頃から結婚するまでが一番きつかったです。自分の悪いところや怠けたと思うとき、その嫌な感情を持ちこたえられません。スッキリしたいという思いにかられ、それが「縄跳び」をやって償う、という強迫行為になりました。だんだん回数、飛び方などこだわりがエスカレートし、納得するまでやらなければならず、一日に何時間も縄跳びをやり、精も根も尽きはてました。

体はやせ細り、気が狂いそうなほどつらく、自分がいかにおかしいかも認識しているのに、いったん強迫行為のループに陥ると、これさえなければ、これで終わりにするんだ……と延々と続くのでした。

20代はじめに、たまたま本屋で『ノイローゼ全治への道』(馬杉保著)という本を見つけました。すぐ購入し、一気に読みました。森田療法という大きな温かいものに包まれる気がしました。

そして生活の発見会に入会し、『生活の発見』誌を読むようになりました。M集談会や一泊学習会にも参加し、そこではじめて自分のことを話し、受け入れられている気持ちを味わいました。でもまだ、強迫行為の症状で、スッキリしてからでないと集談会にも参加できません。一方では、心のなかにはいつも「森田がある」という思いがあり、支えになっていました。

24歳で結婚し、はじめて実家を出て、夫や夫の家族、まわりには親戚が何軒もあるという暮らしに入りました。私は結婚するまで、つらいつらいと言って生きていましたが、実際は現実ではないところで苦しんでおり、現実には何も見ていなかったのです。本当に何もできず、近所づきあいにも苦労しました。強迫観念が強いと対人恐怖は気にならず、強迫観念が落ち着くと対人的にきついという感じでした。

我慢は恐怖突入ではない

36歳のときに勤めに出るようになりました。2年半くらいしたころ、症状が強く出て、にっちもさっちもいかなくなり、T集談会にお世話になりました。とても温かく迎えてもらい、いつも涙が出そうで、帰りは心が軽くなりました。とにかく毎日発見誌を1ページでも読んで1カ月なんとか過ごし、集談会に出るのを楽しみにして、6年たちました。

スッキリした状態でなく、もやもやと混乱した状態でも、ともかく目の前のことを、いやいやながらでもしてみる。家事などに手をつけてみる。そのうち、だんだんと散らかっていた部屋が片づくと、心が外に向いていき、気持ちが流れていくのが体でわかるようになってきました。でも、ちょっとしたことから強迫行為の泥沼に入っていく。そして、また強迫行為を我慢して何とか心が流れていく、のくり返しでした。

あるとき、発見誌の記事が目に留まりました。「不完全恐怖の恐怖突入は、我慢することですか?」との問いに「我慢は恐怖突入ではありません」とあったのです。「強迫行為を我慢するときの我慢は、強迫行為と同じ心のあり方です。そして〝強迫行為を我慢する〟自体が、すでにはからいなのです」と書いてありました。何回も何回も読みました。そして、私はいつも感じるべきを感ぜず、苦しむべきを苦しまないで逃げていた、と気づきました。

その後生泉会(発見会のなかでも強迫性障害をテーマにした集まり)に出席し、同じようなことで悩んでいる皆さんのお話を聞くことができました。そして「五感を大切にする」「何か大きな力にゆだねる」「強迫行為に入りそうな、明らかに普通の感じではないとき『今、私は強迫モードだ』と思うと強迫行為の深みに入らずにすむ」などなど多くを学んでいきました。

本来ならキラキラと輝いているであろう青春時代、私は強迫行為にとらわれ、つらい毎日を送りました。40歳近くになって振り返ったとき、とても惨めでした。10代、20代を取り戻したいと思いましたが、あれはあれで、私の青春だったのかもしれません。あのときの苦しみがあったから、今こうして発見会を知ることができ、多くの仲間にも出会えたと今は思います。

廃人のようだった私が、生活の発見会と出会い、森田療法に、そして集談会にどんなに救われたかを聞いていただき、神経症で苦しんでいるかたに、少しでもお役に立てばと思います。